産業遺産の見どころ

城崎座SIROSAKIZA TEATER1917~1940上間藤繁華街THE ENTERTAINMENT SPOTS IN KAMIMATO1916

上間藤は、江戸時代に下間藤も合わせて間藤村と言われ、足尾郷14ヵ村の中にあり、足尾の草分けの倉沢、神山氏が住み始め農業を営んでから開けたようです。1875(明治8)年に間藤北部の深沢入口に栃本屋という旅館が営業を開始し、近代足尾銅山の発展と共に赤倉に次いで商業地として中央の道を挟んで商店が軒を連ねるようになりました。明治20年の松木の大火で集落は全焼してしまいましたが、見事な復興を遂げ、栃本屋は三階建てに、山手には真宗本願寺派説教所、専念寺、日蓮宗大相寺、真宗大谷派林照寺など寺の急増は、人口の増加と経済的発展を意味するものでした。旅館は、栃本屋の向いに松本屋、水力発電所北側に暢和館、貸席興業場としてイロハ座、城崎座が出来ました。イロハ座と城崎座は芝居などの興業のほかに労働争議の集会施設でもありました。

栃本屋TOCHIMOTOYA HOTEL SECOND FLOOR1875~1889THIRD FLOOR1891~1933

明治22年当時足尾には3階建ての建屋が3軒ありました。栃本屋はその1軒で明治8年に建てられました。古河市兵衛は、明治10年に来山した際に栃本屋の一角を事務所として使用させてもらいシステムを構築していったそうです。明治20年の松木村の大火で間藤村まで燃えてしまったので22年に三階建てに再建すると、大正年間には中禅寺から半月峠を越えて足尾見学に来る修学旅行の団体客で盛況を見せていたようです。日光小品を書いた作家芥川龍之介も宿泊したかもしれません。

足尾銅山学校跡OLD SCHOOL FOR ASHIO COPPER MINE1891~1907

南橋は、製錬所と出川を隔てた対岸から南に広がる鉱業集落です。明治20年の松木の大火で直利橋が焼け落ちたことで古河橋の鉄橋が竣工するまでは、本山への主要道路でした。明治24年に8棟の銅山長屋が建てられ、明治25年7月に古河足尾銅山尋常小学校が建てられ認可され開校しました。明治40年に向間藤に新校舎が建てられ移転するまで、本山地区の銅山従業員弟子の初等教育が行われたそうです。明治30年に新たに5棟の長屋が建てられ福長屋と名づけられました。南橋となったのは、昭和21年です。尋常高等小学校は、2000人規模の小学校だったようです。

山神祭 大正期&1948.4.30THE GOD OF MINE FESTIVAL TAISHO YEAR&1948.4.30

偶然同じアングルで記念写真が撮られています。小野崎一徳写真帖では年代が特定されていませんが、背景に本山製錬所への古河鉄道貨物専用の鉄橋が写っているので、大正3年以降の大正期と予測されます。山神祭の始まりは、明治22年に本山坑関係者で造営された本山鉱山神社の下で太鼓や三味線でお祭りを開いたことが、全山の安全祈願を込めて先頭に天狗、巫女さん、木遣り、拍子木、山車の引手、江戸囃子の楽しいリズム、山車の上部におかめとひょっとこの楽しい踊りへと発展して行きました。本山坑へ主に入っていた北部地区の北光少年団は毎年お祭りの前に天狗のお面を古峯神社にて安全祈願をしてから祭りを挙行しておりました。

割烹旅館暢和館跡TYOWAKAN OF COOKIG HOTEL FOR FURUKAWA CO.LTD1893~1940

栃木から鹿沼に移住した関塚嘉平氏は、足尾銅山へ引き売りに来ました。嘉平氏は茨城の海からも新鮮な魚を仕入れ活気づいた市場は面白いように売れましたが、足尾銅山の支払いはまとめて翌月なのでたまりません。そこで嘉平氏は足尾へ移住してしまいました。気骨があり人徳があるので古河の要人にえらく気に入られ、割烹旅館暢和館が与えられ、一族で古河のために働いてくれるよう頼まれます。のちに長男暢一郎氏は掛水賄として、古河掛水俱楽部で修業させられたフランス料理を振舞うことに。また、喜平氏は東京へ出て築地精養軒へ弟子入りし、天皇の料理番秋山徳蔵が兄弟子でおりました。のちに徳蔵に与えられた天皇からの勲章や杯を祈念に譲り受けることになります。現在、喜平氏の長男の長男信行氏が大井町で祖父の名喜平という洋食屋さんとして意志を継いでいます。さらに、喜平氏の四男の康男氏は、日本のフランス料理界の重鎮で、平成23年に魯理人という日本におけるフランス料理人の歴史本を編纂いたしました。割烹旅館暢和館は昭和15年の大火で焼失してしましました。

DSC_1331.JPGDSC_1332.JPG

 

1 2